今こそ神楽舞を盛り上げよう!
若き力を借りて完全復活する宇部・岩戸神楽舞
若い力で新たな岩戸神楽舞を
歴史を受け継いでいく
今、動き出した

日本の文化・山口県の宝
聖域の復活

宇部市岩戸神楽舞を一緒に学び、若き力で復活を果たす。
学生が、社会人が、先人たちが、一丸となり舞う姿。

過去・現在・未来へと受け継がれていく伝統芸能

宇部フロンティア大学付属香川高等学校生活デザイン科の生徒・ミュージカル山陽ありすの家のメンバー、矢原久登会長
率いる地元の有志が中心となり復興を強く望んでいます。

生活デザイン科の活動

生活デザイン科ではファッションデザインコースで要塞・和裁を学びます。ドレス、ワンピース、ジャケット、スカートや浴衣の製作で裁縫技術を習得します。コンピュータデザインコースではイラストレータやフォトショップの基礎的な技術を習得しデザインの知識を身につけます。校内でのファッションショーや課題研究発表会を中心としつつ、地域課題解決に向けてデザイン面から提案し、地域と協働し活動も行っています。

生活デザイン科

岩戸神楽舞キャラクター

岩戸神楽舞のオリジナルキャラクターを開発しました。コンピュータデザインコース3年生9名が各自の個性を活かしたキャラクターを考え、その中で一番イメージとぴったり合っている作品が選ばれました。多世代の方々に愛されるキャラクターになればと思います。舞者の中でもメインキャラクターとされる4体を中心に、今後はグッズ開発にも力を入れる予定です。

制作した生徒たち

ミュージカル 山陽   ありすの家

歴史ある「岩戸神楽舞」復興の一助になればと思い、お手伝いさせて頂いていますが、当会のメンバーの力量を増す為にも、また文化の継承と発信と言う共通の目標での活動でもあり、そしてこの活動で多くの方々と交流して共に発展していけたら幸いに思っています。

ミュージカル山陽ありすの家
代表 峰永 郁代

復興委員会

疑問に答えます。

お客様からのよくある質問をまとめてみました。
どんな方が参加しているのか、どのような参加の仕方があるのか。
イベントのみの参加は…可能かなど。
皆さまからのよくある質問をまとめてみました。疑問があればまずは、覗いてみてください。

よくある質問

岩戸神楽舞復興にむけてのさまざまな活動をつぶやきます。

みんなで盛り上げよう!岩戸神楽舞!!

日本の伝統文化の火を消さないように関われる形で参加しよう。
舞を宣伝したい。舞を学習したい。寄付をしたい。見学したい。
何かできることをしてみたい。
それぞれの立場から少しでも復興委員会に参加して欲しいです。
実際の活動の前にたいけんしたい。話だけ聞きたいかたも是非、一度お問い合わせください。